ポラロイド写真
  • 2011年03月

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • お久しぶりぶりです。

    category:お知らせ

回り込み解除

皆さま、大変ご無沙汰しております。

あの大地震発生から2週間。
「もう2週間」というか、「まだ2週間」というか・・・。
まだまだ不安な日々を送られている被災地の皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。


今更ですが、地震発生時のことと近況をお話したいと思います。
長くなりますので、お時間のある時にどうぞ(^^)

地震発生時、私は仕事中でした。

私の仕事は物流センターのピッキング作業。
ちょうど休憩指示が出て、持ち場から移動しかけた時の出来事でした。

感じたことのない揺れ、
フォークリフトで何メートルにも積み上げてあった商品が崩れてきて
高所の棚からも商品が箱ごとばらばらと降ってきました。

ちょうど休憩時間になるところで、
持ち場から離れかけた従業員が多かったのが幸いしたのでしょう。
現場の惨状からは信じられませんが、誰一人ケガはなかったようです。

屋外に避難しながら、気がかりで仕方なかったのが
数日前から地震が続いていた私の実家、福島のこと。
まさか・・・?!

・・・携帯でニュースを見て愕然としました。

すぐに電話をしましたが、案の定繋がらず・・・。
何度も何度もかけて、偶然1度だけ繋がりました。

電話はすぐ切れてしまいましたが、両親、チョコ共々無事とのこと。

仕事は作業不可能ということで、地震発生から1時間半後にやっと解散。
帰り道が大渋滞だったので、
ホントはいけないことなのですが、ニュースを見ようとナビのワンセグをつけました。

まだ、日が暮れてない時間で、歩道は人がたくさん歩いていました。
周辺の建物も道路もとりあえず壊れてる様子がなかったので
ワンセグで映ってる風景が、ホントに信じられませんでした。
まるで映画やCGの世界を見ているよう・・・。
怖くて、自分が震えてるのか余震なのか分からないほどでした。

携帯が全くつながらない状態になってしまったので、
papaさんとも弟(東京在住)とも連絡はとれないまま
何時間もかけて、やっと自宅にたどり着きました。

・・・まず、外見から見た感じ、マンションは無事でした。
でも、玄関を開けると、けたたましく鳴り続ける警告音。
トロさんの名前を呼びましたが、姿はありません。
急いでリビングのドアを開けると、台所がぐっちゃぐちゃ・・・!
警告音の出どころは冷蔵庫で、全開で中身がほとんど落ちていました。

とりあえず冷蔵庫のドアを閉めると、
トロさんが寝室から必死の形相で駆け寄ってきました。
・・・良かった・・・無事だった・・・。

ほっとして部屋を見渡すと、
揺れで窓が開いてしまったようで、両窓15センチほどずつ開いていて、
カーテンがヒラヒラしてました。
気付かなかったのか、トロさんには脱走の様子は見られませんでした。

本棚と食器棚は、気休めにと足元に入れておいた
100円ショップのストッパーが威力を発揮し
全く倒れず、物も落ちず。(別室の本棚の中身は落ちていましたが)
正直、こんなに効果があるとは思いませんでした。
100円ショップのストッパーは、
ここしばらく見かけてない商品なので手に入らないかもしれませんが
棚などの前面部の足元に、1センチ程度の厚さにした紙類や
すべり止めなどを差し込んでおくだけでも、割と効果がありますよ。

その後何度か新着メールの問い合わせをし、
やっとpapaさんのメールを受信でき、無事を確認。
とりあえず、両親とは早い時間に一度は連絡がとれたこと、
自分も無事で自宅に帰ってきてることをメールしました。
うちはSoftbankなのですが、Softbank同士は比較的繋がりやすく、
両親と弟はdocomoのため、全く繋がりませんでした。

電車が不通になり帰宅難民になりかけたpapaさんでしたが、
深夜になり途中まで電車が動いたので、
来れるとこまで乗って、あとは四時間かけて歩いて帰って来ました。

ちなみに両親、弟とは、深夜1時過ぎてやっと連絡がとれ
特に両親は、ホントに奇跡的に危機を免れたといった感じでした。
(実家は、津波で壊滅的被害をうけた南相馬市です)

家の建物は無事でしたが、浸水の危険があり、その夜は高台の空き地で車内泊。
翌日、家に戻り室内の確認を始めようとした途端、
防災無線が鳴り、原発による強制避難・・・。
結局、着の身着のままで避難所へ。
でも、チョコがいるため避難所には入れず、
その日から敷地内の駐車場で車内生活開始。

実家は確かに海側ですが、そこまで海のそばという訳ではありません。
でも、家の目の前まで水が迫ってきたそうです。
原発からは約15キロ程度。
まさに、地震・津波・放射能の3重苦。

電話は通じないもののメールはやり取り出来たので、まめに連絡は取れていました。
すぐにでも迎えに行きたかったのですが、ガソリンが手に入りにくい状態だったこと
まだ希望を捨てたくない両親の意向もあり、日数だけが過ぎて行きました。

でも、残念ながら原発は悪くなる一方で好転する様子は見られず・・・。
しまいには、30キロ圏内だった避難所は、突然封鎖することになり
両親は、みんなと他県の避難所に移動するか、
個人で移動するかの選択を強いられることに。
ここでやっと両親はこちらに来る決意を固めてくれました。

翌日、仕事の休みをとって弟が福島へ向かい、両親と合流。
そして、チョコと3人で我が家にやってきました。

という訳で、今、我が家はわんにゃん含めて6人家族。

両親はまだ、地震のたびに当時を思い出して強い恐怖を感じたり
原発のニュースを見るたび、
実家のことを考えて落ち込んでしまったりと、少々不安定ですが
少しずつ元気を取り戻しているようです。

ちなみにチョコは、トロの匂いのする部屋なのがすごく安心できたようで。
元気いっぱい、トロさんと遊びまくっています。
あまりに動きが激しすぎて、ふたりのからみはまだ動画しか取れてないのですが
少しずつUPしていきたいと思います(*^_^*)

新生“いつでも*いっしょ”をよろしくお願いします♪

いらっしゃいませ

negitororo

Author:negitororo
白猫トロに振り回されっぱなしの
日々のブログ。

病気知らずの健康体♪と気ままに
暮らしていたらアラ大変!
ズボラ飼い主なりに
いろいろ試しています。



↓以前のブログ↓
http://itudemo-issyo.a-thera.jp/
2006年8月~(アセラ)



登場人物

トロ(♂)                 2003年5月中頃生まれ     海の見えるストリート出身            体重6.2kg              むちむちメタボ猫         ~・~・~・~・~・~・~・~  mama(ワタシ)(ヒト科♀)          管理人@ねぎとろろ         千葉県に生息中           お昼寝大好き マイペース     思い立ったが吉日NonStop    ~・~・~・~・~・~・~・~ papa(オット)(ヒト科♂)          お酒大好き 食べるの大好き       気まぐれ The三日坊主       ~・~・~・~・~・~・~・~     

↓ 友情出演 ↓            

チョコ(Mダックス♀)       
両親の愛犬             同い年のパワフルガール      トロをこよなく愛している     現在はペット可の         仮設住宅で暮らしてます           

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

コメントありがとう

お気に入り

トログッズ&サプリ


メタボなトロでもSSでOK
柔らかいからこのまま寝れちゃう
うちはカエル柄((* ´艸`))

薬飲ませの救世主!
トロは残念ながら
そのままは食べないので
薬のように飲ませてます

アレルギーには乳酸菌?
今話題の酵素もお試し中

香りも強めで飲む量も多めなので
飲ませるのに試行錯誤中

お水飲ませ大作戦

あら不思議!濡れるとおがくずに♪

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

トロさん見たよ♪
愛のポチポチ募集中(*≧∀≦)=3

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ

検索

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。